« 東方星蓮船 体験版 | トップページ | 失楽園 第3話「正義の人」  »

2009年7月23日 (木)

ガンガンjoker8月号 感想

またすぐに忙しくなりそうだから書ける内に書いとくぞー

というわけでjoker感想です

それでは以下ネタバレアリです

EIGHTH

機工魔術師の河内和泉さんの新連載

内容は、エイス研究所の保安警備である少年ナオヤが、別のとある研究所に幽閉されている「生物の活動を急速に活性化させる能力」を持った少女セルシアを助け出すといったもの。

104pとページ数が多い割りにストーリー自体はほんとにこれだけでまだなんともいえない感じ。

エイスとは8番目という意味らしいけどそれが何なのかもまだ明かされませんでした(まあすぐ明かすって作者は言ってたけど)

戦闘シーンとかギャグシーンやおっぱいの大きいお姉さんはさすが河内さんといったところww

あと適度にちりばめられたエロネタもww

内容も遺伝子工学がメインの題材のようなので、これから先は結構面白くなりそう。

期待してます。

妖弧×僕SS

今回は新キャラの狸の渡狸(エセ不良)と、百目の夏目(バニーほも)とアパートの住人のサイン集め競争をする話。

他にもサブキャラ?として、アパートで働くメイドやらコックやらコンシェルジュも出てきました。

彼らにスポットが当たる日は果たしてくるのか!

個人的にはメイド1の小人村ちの(コロポックル)とコックの河住丈太郎(河童)は再登場希望。

まあ新キャラは置いとくとして、今回でいきなり凛々蝶が御狐神を意識しだしたのは驚いた。

もうちょっと話が進んでからだと思ってました。

最後はどうも御狐神にもなにやら秘密か何かがあるようで思わせぶりな感じで次回へ。

まなびや

前半はひたすら部長さんにコッペパンを食べさせまくる話。

そして後半は武がどんなカメラを買うか参考にするためみんなのカメラを紹介する展開。

その中で白雪のカメラ(ライカ)に金雀児が触ろうとすると、白雪が触らないでと叫び、微妙な空気になってしまったところで飛び出していってしまう。

その白雪を武が追って次回へ。

次回あたりで白雪が何者なのかが明かされるのかな?

あのカメラは誰かの形見とかそんなのだろうか?

ヤンデレ彼女

深夜に音楽室に出る幽霊を倒すために情報を集める話。

実際に倒しに行くのは次号だそうです。

とりあえず真夜美が絶好調でした。

殴られる→殴られる→殴られる→首を絞められる→ヘブン状態

うみねこのなく頃に

今回でEp1最終回

ベアトリーチェが復活し、夏妃が決闘の末に殺され、戦人たちは魔女へと黄金郷へと招かれたという手記が残されます。

肝心の結末は上に描いた手記のみで、描かれていませんでした。

これも解決編とかあるんだろうか?

そして今回で最終回だったけど、次回でお茶会が描かれるそうです。

何なんだろう?今回の事件の真相でも語るのかな?

そして今回これを読んだら手が真っ黒に・・・

黒いページ多すぎww

失楽園

別記事→これです

戦國ストレイズ

前回城に侵入したくのいち3人組を追いかける話。

農民や兵士たちが一丸となって協力する展開は燃えた。

あとはみんなが一生懸命作り上げた祭りを守るために戦うかさねはかっこよかった。

その働きを認められてようやく信長に認められたようだし。

それにしても戦国モノでここまで明るい作品って珍しいだろうなあ。

だからこそ気軽に読めて面白いんだろうけど。

コープスパーティー

掲載位置がグーンと上がって作品の死亡フラグは回避か?

ただし内容はいきなりの宍戸先生に死亡フラグ

直美を探しに部屋の外に出た宍戸先生は、別の部屋で悪霊の手によって刃物の入った戸棚につぶされてしまいます

そこで悪霊が生徒を見捨てればお前は生かしてやるといったところで次回へ。

どんどんストーリーが加速していくなあ

面白くなってきました。

ひまわり

うーむあいかわらずペースが遅い・・・

陽一の妹?や背後の組織などの伏線ははられていっているけど肝心のストーリーはほとんど進行せず。

キャラがかわいいからそこそこ楽しめてはいるんだけど、本格的に面白くなるのはまだまだかかりそうかな

今日の魔王様

相変わらずシュール

オチもなんだか微妙だったかなあ・・・

それにしても今回出てきた兄弟やたらとくっつきすぎww

やっぱ女性向けの内容かなあ

文学少女

弓道部に秀二先輩に会いに行くも、実は秀二先輩は弓道部のOBでしかも飛び降り自殺をしていたことが判明。

それでも竹田さんは今日は秀二先輩は来ていないだけだと言う。

ようやく話が動き始めたけどあまりに展開が遅すぎて、すでに前の内容を忘れてしまっている(´・ω・`)

完結したら単行本化って一気に読もうかなあ

ラブ×ロブ×ストックホルム

今回は妹がやってきて一葉と勝負する話。

妹がひたすら狭山に気に入られようと頑張るのはかわいらしかった

内容もつまらなくはないんだけどなんかはじけきれてないような印象が強かったです。

ダメっ妹喫茶でぃあ

今回は水着イベントの話と、熱が出て性格がポジティブになったいおりの話。

相変わらずキャラの使い方がうまいなと思いました。

それぞれの性格を生かしたネタが多く、4コマとしてのできはすごいいいと思います。

しかし感想がかきにくry)

ひぐらしのなく頃に 祭囃し編

内容は、梨花の両親によって、梨花の実験が中止に追い込まれそうになり、両親が邪魔になった鷹野は両親を綿流しの言い伝えにのっとって殺害してしまう。といったもの

何より梨花の母に対する仕打ちがひどすぎる・・・

生きたまま脳解剖とか・・・

鷹野の鬼畜っぷりが半端じゃないなあ

そして次号で雛見沢は4年目の祟りへ

そろそろ圭一たちが出てくるのかな?

夏のあらし

すごい、ここまで本格的に戦争を描く漫画だったとは。

もっとコメディチックなノリだとばかり思ってましたww

最後は爆風から潤を一が守る展開になっていたけどここで女バレするんだろうか?

プラナスガール

今回は作者の都合で3ページ

まあ仕方ないか・・・作者本当にやばそうだったし・・・

次回は巻頭カラーだそうで人気は出てきてるみたい

黄昏乙女アムネジア

今回は夕子が見える?少女が登場

そして貞一に夕子は悪霊で、貞一の心を奪って殺す気だと伝える

そのことを信じたくはないが確証がもてない貞一が雨にずぶぬれになっているところへ、夕子さんが走ってきて抱きついたところで次回へ。

なんか急展開だし、掲載位置が低いし少し心配だなあ・・・

面白いんだけど確かに絵も内容も人を選びそうだし・・・

総評

面白かった順としては

1妖弧×僕SS

2戦国ストレイズ

3失楽園

次点でうみねこ、EIGHTH、黄昏乙女、でぃあ

かな。

次回は新連載が二つ

「自宅警備姫テラス」と「レール・エール・ブルー」

テラスはアマノイワトヒメが微妙だったからあんまり期待してはいないけど

レール・エール・ブルーは話の内容が結構面白そうなので期待しておきます。

|

« 東方星蓮船 体験版 | トップページ | 失楽園 第3話「正義の人」  »

スクエニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157355/30655788

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガンjoker8月号 感想:

« 東方星蓮船 体験版 | トップページ | 失楽園 第3話「正義の人」  »