« どうでもいいこと3 | トップページ | 東方星蓮船 体験版 »

2009年7月18日 (土)

ガンガン8月号 感想

やったあああああ!!

ようやく今年一番忙しいだろう時期が終わったああああ!!

まだ色々残ってるけどとりあえず一段落。

で、だいぶ遅れたけどガンガン感想です。

今回感想書いたのは

絶園のテンペスト、SCRAMBLE、仕立屋工房、勤しめ!仁岡先生、漫画家さんとアシスタントさんと、鋼の錬金術師、とある魔術の禁書目録、屍姫、ソウルイーター、トライピース、ブラッディクロス、THE PRETENDER、紅心王子、バンブーブレードB、ながされて藍蘭島、キングダムハーツ、ブレイド三国志、月彩のノエル

です

それでは以下ネタバレアリです

絶園のテンペスト

スパイラルとヴァンパイア十字界の城平さん原作の新連載。

作画の彩崎廉さんは新人のようです。

とある魔法使いの一族の姫、鎖部葉風が一族のてによって絶海の孤島へ幽閉されてしまう。それでも一族の野望をとめるために、葉風はとあることを行った。

それからしばらくたった日本で、主人公?の滝川吉野は1ヶ月前に失踪した親友の不破真広の、殺された家族の墓の前で謎の女性、フロイライン山本と出会う。

山本によると、今世界は黒鉄病という病のようなものに襲われており、その発生現場で不破真広が目撃されているという。

真広を探す手がかりとして山本に襲われる吉野だが、絶体絶命のところで真広が帰ってくる。

その真広は葉風が海に流したビンに入っていた人形の力で葉風と契約を結び、魔法使いとなっていた。

その契約とは葉風が自分の家族を殺した人間を見つける変わりに、真広は葉風のために魔法使いの一族の野望を砕くといったものだった。

そして、吉野は山本を気絶させ真広とともに市街地へ向かうと、そこで世界に起きている異常を目のあたりにする。

海へと集まる無数の蝶、そしてそこに表れる鎖に巻かれた一つ目の巨大な果実。

それを見ながら真広は言う、俺が世界を救ってやると。

内容はこんな感じです。

あいかわらすの城平節全開ですwwフロイラインのあたりとかww

ストーリーもだいぶ謎が多いけどこれから面白くなりそうな感じはひしひしと伝わってきます。

絵のほうも多少硬い気もするけど、基本的にキレイだし不気味な感じがしっかりかけてるので特に問題ないかと。

個人的には葉風の性格が気に入った。

「パンツ一丁でも私は手ごわいぞ」とか言っちゃうあたりww

SCRAMBLE

今回は宇宙人の捨てたイエティと、イエティと友達になろうとする家族の話。

今回は素直にいい話だなー

柴田亜美さんはこういう話がうまいよなあ

カードバトルのほうも色々と考えてあって面白く読めました。

ただやっぱり子供向けな印象が強かったです。

仕立屋工房

うーんやっぱり戦闘シーンがあっさりしすぎ。

最強の敵がこんなあっさりやられていいんだろうか・・・・

とりあえず今回でしゃべる犬が仲間に加わったけどなんか役に立つのかww

勤しめ!仁岡先生

そういえばまだいたなあ主要キャラww

変態教師の姉弟がそれぞれ1話づつ使って登場。

もちろん二人とも仁岡LOVE

姉のほうは割りと見境ないけどww

漫画家さんとアシスタントさんと

今回からショートコミック。

なんかショートコミックになって中身が薄っぺらくなったなあ・・・

今回判明したのは愛徒が漫画を描く理由。

モテたい→漫画家ってかっこいい→女の子が好きな漫画を描けばいい→女の子はかわいいパンツが好き→パンツ漫画を描けばいい

・・・・見事な論理だと関心するがどこもおかしくはない。

鋼の錬金術師

ホーエンハイムすげえ!!

ホーエンハイムがして、お父様はしなかったこと

それは賢者の石となって自らの体内へ宿った人々の魂との対話。

ホーエンハイムは自分に宿る五十三万六千三百二九人全てと対話し、その気持ちを理解した。

そしてその全てが自分の味方となり、ともにお父様を倒すという目的のために協力している。

これぞ少年漫画の王道、仲間の力ってやつだなあ。

やってるのおっさんだけどww

ホーエンハイムの攻撃でお父様も真の姿になりました。

なんか真理っぽい姿だけど関係あるんだろうか?

そしてもう一つの盛り上がり、大総統帰還!

うわあ、大総統が来たってだけでもうだめだって気がしちゃうのがすごい。

それくらいの無敵っぷりだったからなあ

大総統の前になすすべのないブリッグズ軍だが、そこへついにグリード参戦!!

これは燃える!!

次回がすごい気になるなあ。

とある魔術の禁書目録

今回は闇咲逢魔編

どうやら前後編で締めてから打ち止め編に入るようです。

2回で締めようとするだけあって結構急展開。

禁書目録をさらった逢魔だけどその目的は結構いい話だったりします。

アレだけ物壊しといていい人とはいえないだろうけどww

屍姫

ミサイル!おっぱい!王撃破!

嘘は言っていない!

まあさすがにこんなので王は死なないだろうけど。

ちなみに七星のチンチン君は守護たちにやられたましたww

まあうまく逃げたみたいだけど

そしてやっぱりやる気なかった挟間さんwwめんどくさがって守護を通してたww

いいキャラだなあ

ソウルイーター

デスサイズになったソウルは色々と能力が追加されたそうでその一つがマカの魂が天使型だったことによる飛行能力。

これなんてカードキャプターさくら?

マカがソウルにまたがって飛ぶところなんてそっくりすぎるww

そして敵のほうにも動きが。

新キャラのゴフェルがマカを狙おうというところで次回へ。

今回はつなぎっぽい話でした。

それにしても本当みんなイケメンになったなあ。

キャラ紹介で一人だけ昔の絵のキッドが完全に浮いてるww

トライピース

ナナ覚醒!

出血のショックか記憶を失う前の人格(以下元ナナ)が表れておっさんを圧倒!

おっさんにとどめを刺そうとしたところで今のナナが表れぎりぎりセーフ

その後は元ナナと現ナナが心の中で対話。

元ナナも一度は現ナナと同じく戦争仲裁を志したものの、戦争の悲惨さに負け記憶を失ったようです。

そして現ナナは元ナナの見てきたモノを見せられ、その悲惨さに倒れこんでしまう

しかし今度のナナは以前のナナとはちがい、挫折するのではなく余計にこんなものはなくさなきゃいけないという決意が固まる。

その答えに満足した元ナナは現ナナに別れを告げ消えていった。

そして現実に戻ったなナナはシロたちのところへ戻ろうとするが、胸パッドが破れナナコに戻れなくなってしまう。

そこで、殺さずに助けたおっさんの服をもらい女装シリーズ第2弾、貧乳のナナミになるのだった!

なんか最後だけ異常にノリが違うww

ナナ覚醒は分かりきってたけど演出がしっかりしてたので面白く読めました。

ところで・・・ベリアルどうなった?

ブラッディクロス

グングニルに対抗するためには聖櫃の力が、また脱出にも聖櫃の力が必要なので、日向が脱出の道を作り、月宮が偽の聖櫃でグングニルの相手をすることに。

最後に聖櫃が偽者だとばれてグングニルにやられそうなところで、どうせこないと思っていた日向が助けに来たところは燃えた。

今回で聖櫃の話も終わって月宮は恩も返したし、呪いも解けたしで今後どうするんだろう?

またなんか理由をつけて続や日向と行動するようになるんだろうか?

THE PRETENDER

スクエニ大賞の大賞受賞作品

内容は、警察につかまった強盗団の仲間たちを助けるために、ボスであるストラマーは警察と取引し、不思議な剣を使って世界中の悪党を倒すことになる。といったもの。

うーん、この剣の能力がいまいち理解できなかったなあ・・・夢を奪って力を発揮するのになんっどうでもいいときしか力が出ないのかとか、2人で持ったら夢があふれて暴走したとか・・・

ストーリーもそこまで惹きつけられはしなかったかな。東京FMのほうが面白いと思ったし。

でも、あくまで王道で少しひねった設定がある少年漫画ってことでスクエニの編集部は好きそうだしまあ大賞とったのも分かるかなあ。(特別大賞ぐらいが妥当だとは思ったけど)

紅心王子

キララ大爆発!

手を握ったり、手作り弁当あーんしたり、

ここまでジローに積極的に攻めてきたのはおそらく初じゃないかなww

まあそのおかげで花がジローへの思いを確認するような展開になりそうだけど。

次回はどうやらアリスとキララの協力によって紅の秘密を探る展開になりそうなのでどうなるか期待。

バンブーブレードB

シャイアンは笑ったww

話は何にも進まず

ただ竹中先生のダメ人間っぷりが加速しただけでしたww

ながされて藍蘭島

結局すずの1人勝ち

張り切ってた行人とちかげとぺんぺんは脇役にww

そしてすずが偽者かどうかを胸の下のほくろや胸の感触でで判別できるようになっていた行人ww

だてに鼻血を出してきてはいなかった!!

キングダムハーツ

次回から358/2days編

これちゃんと終わるのかな・・・

ブレイド三国志

これはひどい(完全に悪い意味で)

もう打ち切りにしたほうが・・・

作画変えてまでやらんでも・・・

月彩のノエル

打ち切りか・・・

でも今回の展開は燃えたし面白かった。

この話をもっとゆっくり見たかったなあ

総評

面白かった順としては

1鋼の錬金術師

2絶園のテンペスト

3ブラッディクロス

次点でソウルイーター、トライピース、紅心王子かな

次回からHEROMANがアニメ化前提で連載だそうで。

アニメ企画主導ってのはあんまりいい記憶がないから少し不安だけど・・・

作画はすっきりしているからまあ大丈夫そう。

一応期待してます。

|

« どうでもいいこと3 | トップページ | 東方星蓮船 体験版 »

スクエニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157355/30589131

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガン8月号 感想:

« どうでもいいこと3 | トップページ | 東方星蓮船 体験版 »