« ガンガンONLINE 6/18更新分 | トップページ | 失楽園 第2話「君負ケタマフ事ナカレ」 »

2009年6月23日 (火)

ガンガンjoker7月号感想

joker7月号の感想です。

最近何気にガンガン本誌より楽しみになってますww

それでは以下ネタバレアリです。

※コープスについて追記アリ

妖弧×僕SS

連載3話目にして巻頭カラー。

やっぱ人気あるのかな。

今回の内容は、凛々蝶と御狐神との関係が気まずくなってしまう話。

結局凛々蝶が、御狐神が本当に自分のことを理解してくれる唯一の人であることに気づき、謝罪やお礼の言葉とともに、改めて自分のSSになってくれるように頼んで一件落着となりました。

あいかわらず凛々蝶の見開きページはかわいかった。

なんか毎回「凛々蝶かわいいよ凛々蝶(*゚∀゚)=3 ムッハー!!」とかしか言ってない気もするけど、いぬぼくの魅力の一つが凛々蝶の不器用なかわいさだと思ってるので。

最後には新キャラで、1話のカラーページにもいた2人組みの男が出てきたけど、一人はカルタの相方だとしてもう一人は何なんだろう?気になります。

ちなみに反ノ塚の扱いのひどさに笑ったww

シュレッダーにかけちゃだめえええええええ!!

失楽園

別記事です(*゚▽゚)ノ→できました

夏のあらし

あらしが店の畳の下に隠し防空壕を見つけて、そこに昔の店長?の残したメモを見つけました。

ストーリーが進んだ感じだけどやっぱりストーリーの大筋が分からないからなんとも・・・

今日の魔王様

ガンガンONLINEでやった読みきりフェスタで「角がきもい!」と評判になって連載になった作品。

基本的には善良でヘタレな魔王がドSの側近にいじめられる話。

さらにはその他のキャラの勘違いの連発により、魔王が極悪無比の化け物だと勘違いされていってしまいます。ここら辺はネルガル的なノリ。

ギャグ物としてはまあまあ面白かったです。

jokerには今のところギャグ担当がないから連載していくぶんにはいいんじゃないかと思いました。

うみねこのなく頃に

前回4人を追い出してしまった戦人たちは本当にそれが正しかったのかどうかを考え始め、やがて前回の最後に現れた魔方陣の意味へとたどり着く。

その魔方陣とは「不和」

内部分裂を煽り、敵を自ら瓦解させるといったもの。

これにより、自分たちは魔女の策略にはまり、わざわざ生贄候補を魔方陣で守られた部屋から出してしまったと知ります。

そして真里亜のもとへ駆けつけた戦人たちが見たものは殺害された使用人3人と、その中で歌い続ける真里亜だった。というところで次回へ。

うわー・・・なんかすごい展開になったなあ・・・

何より気になるのはやっぱり真里亜の存在。

彼女が無事だったのは戦人が渡したお守りのおかげなんだろうか?

次回で最終回だけどどう閉めるのか気になります。

って言うかアニメ放送開始と同時に最終回かww

まあこの連載が終わったらEpisode3でもやるんだろうけど。

プラナス・ガール

ページ数少なっ!!

単行本作業かなんかで忙しいんだろうか・・・

内容は、絆ちゃんってムダ毛の処理ってどうしてるの?っていう話。

レギュラーキャラっぽい女子3人組につめよられます。

結局そこからは逃げ出して槙のところへ行き、槙には教えてました。

結局なんて教えたのかは分かりませんでしたが、男としてはかなり珍しいそうです。

・・・・どゆこと?・・・・

まなびや

今回の話でプロローグが終了。

次回から本格的な話が始まるようです。

ちなみに前回の最後に出てきたカミカミ少女は新入生で、高校で青春をするために映写部に入るそうです。

青春という言葉に意気投合して盛り上がる瑠璃(カミカミ少女)と武に嫉妬っぽい反応をした白雪がかわいかったww

今回の話の一番の収穫は白雪が武に対してツンデレだということでしたww

いや、こういうのクーデレって言うんだろうか?

最後は映写部一同が見開きでそろい次回へ。

このとき1話で出てきたエスパー少女が校舎の影で不適に笑ってるんだけどこの子が物語の重要人物なんだろうか?

ヤンデレ彼女

今回は2本立て

まずはバレンタインの話

なぜ7月号でやる!(作中でも突っ込まれてるけど)

すでにサザエさん時空に飲み込まれているようです。

今回田中のライバル的キャラ?の白鳥がjokerに初登場したけど、なんだかんだで田中のよき友人になっちゃってる模様。

メインキャラが全員キャラ立ちすぎでほんとに面白いww

2話目はプールの話。

男女別ということでレイナの水着姿が見れない田中が静かに怒りを滾らせていましたww

結局おぼれたレイナ(カナヅチ)を助けるためにプールに飛び込んでそこでばっちり拝んじゃってましたがww

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編

前回の梨花の脳解剖により沙都子は助かりました。

ただここで新たに挙がってきたのは、沙都子の両親は転落したのではなく、沙都子に殺されたのではないかという問題。

もしこれが本当だったらすごい展開だなあ・・・

ヒロインの一人がマジで人殺しとか・・・

あとは今回で梨花の母親が登場。

この人がどう話にかかわってくるのか気になります。

ところで原作の祭囃し編ってどれくらいの長さなんだろう?

もう2巻が発売されたけど少なくとも4巻では終わりそうにないなあ・・・

ひまわり

今回もあまり話は進まなかったなあ・・・

アリエスと明日香の対面だけで終わっちゃったし。

ただ最後にもう一人のヒロイン、アクアが登場したので次回あたりから話が動き始めるのかな。

戦国ストレイズ

前回に引き続き祭りの話。

そしてまさかの信長の女形には驚いたww

メインキャラ全員顔真っ赤になっちゃってましたww

そんな中でも裏で美濃の刺客が動いていたりときっちりと話は進んでいるのは好印象でした。

今回最も気になったのはかさねが言った「こっちにきてから髪が伸びない」という言葉。

かさね自身の時が止まっているとか、何か深い意味があるんだろうか・・・

文学少女

うーん、毎回毎回似た様な展開の繰り返しで一向に話が進まない・・・

次号で愁二先輩に会いに行く展開らしいから少しは進むかな?

ダメっ妹喫茶でぃあ

4コマとしてはやっぱり一定の面白さを保っていてよかったです。

しかし感想をとにかく書きづらいww

とりあえず今回は愛がいじられまくっててかわいかったです。

黄昏乙女アムネジア

今回は呪いにかかると第4校舎から飛び降りてしまうという「呼び止め窓」の呪いに貞一がかかってしまったと勘違いしたももえがのろいを解くために頑張る話。

結局夕子が第4校舎の屋上から、隣接して新設された校舎の屋上に貞一を飛び降りさせてその呪い自体を破綻させることにより解決しました。

今回の解決方法は結構面白かったです。

あと単行本が8/22に出るそうです。

どうしよう・・・買おうかな・・・

ラブ×ロブ×ストックホルム

今回はうっかり起動してしまった時限爆弾の停止スイッチを警察が拾ってしまい、警察はそれを一葉に届けようとするが、一葉が条件反射で逃げてしまったため、鬼ごっこ的な展開になってしまったというもの。

うーん、やっぱり他の連載陣と比べると力不足かなあ・・・

よくあるドタバタ物から抜け出せない感じ。

コープスパーティー

うぎゃああああああああああああああああああああああああああああ(察してください)

うわあこれもうすごいわ。

約20ページにわたってかかれる世以子の死に様がものすごいリアルでした・・・

ひぐらしやうみねこと違って、こっちは死んだらもう生き返るとかないだろうからなあ・・・

とりあえず今回でchapter1が終了、次回からはキャラが変わって、あゆみと良樹が、メインなのかな?

追記:今回たくさんの人が疑問に思ったと思うんだけど、首をつってる世以子を足をもって支えて助けようとした時にさらに首がしまってしまったシーン。

ここなんで?って感じだったんだけど聞いた話によると、首をつっている人を上記のように助けようとしても体中から力が抜けているため体がしっかりと持ち上がらずに、逆に体が斜めになって余計に首が絞まってしまうそうです。

勉強になるなー

総評

おもしろかった順は

1コープスパーティー

2失楽園

3うみねこのなく頃に

次点で黄昏乙女アムネジア、まなびや、ヤンデレ彼女かな。

とにかくコープスがすごかったです。

初めてひぐらしの「嘘だっ!」を見た時ぐらい衝撃でした。

新連載のほうは個人的にはあんまりヒットしなかったけど、ギャグ物は今jokerにはないからいいんじゃないかと。

というかお仕えニンジャ雅がこれに負けたのはなんか納得いかないなあ・・・

そして次号はついに機工魔術師の河内さんの新作です。

これは期待せざるを得ない。

|

« ガンガンONLINE 6/18更新分 | トップページ | 失楽園 第2話「君負ケタマフ事ナカレ」 »

スクエニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157355/30235088

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガンjoker7月号感想:

« ガンガンONLINE 6/18更新分 | トップページ | 失楽園 第2話「君負ケタマフ事ナカレ」 »