« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月26日 (金)

ガンガンONLINE 6/25更新分

うおお・・・明日からの部活の大会の準備が死ねる・・・

てなわけで少し手抜きかも

感想書いたのは

ひぐらし、藤村くん、学校のせんせい、です。

以下ネタバレアリです

続きを読む "ガンガンONLINE 6/25更新分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラッディ・クロス 1巻

以前にスターオーシャンブルースフィアのコミカライズをしていた水城葵改め米山シヲさんの作品。

最近のガンガンの新連載の中で最も期待してます。

内容は天使の吸血鬼のハーフである月宮という少女(信じられるか?これでも18歳未満なんだぜ・・・)が、自分の命を奪う烙印の呪いを解くために、純魔族の血を求めて戦うといったもの。

見所はまずはキレイな絵かな。

ブルースフィアの時よりもだいぶ洗練されて、大人びた絵柄になっています。

ただトーンをほとんど使っていないの所々で見難いところがあるのが欠点。

あとは話の展開かな。

基本的にこの漫画の戦闘スタイルは騙し合いが主で、力で戦うといったよりは小細工を使いまくって相手の隙を突いて戦うといったものです。(そのせいで背後取り合戦とか言われてるようだけどww)

この騙し合いは戦闘シーンだけでなく主なストーリーでも多々用いられていて、いい意味で予想外の展開になることが多く、単純に続きが気になります。

話の展開が速いのも好印象。3話にていきなり烙印の呪いがとけてしまったのは最初読んだ時は驚きました。

キャラも結構好きです。桃瀬かわいいよ桃瀬。

まあ基本的に登場人物がみんな性格悪いから嫌いな人は嫌いかもしれないけど結構お勧めの漫画です。

単行本も出だし好調みたいだしこのまま盛り上がっていけばガンガンの主力になれるんじゃないかとも思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

失楽園 第2話「君負ケタマフ事ナカレ」

第2話です。

前回コハルの所有権を得たソラ。

毎朝起こしてもらったりと、しっかりと尽くしてもらってますww

そして相変わらずコハルはソラにベタ惚れ状態でした。というかソラはすでに全校の女子にしられていてファンがかなりいる模様。

前回短剣を折られた女の子もソラの写真を隠し持っていたりとすでに、ソラに惚れているようでした。

話の前半では日常パートでしたが、ここでソラがアホの子っぷりを発揮していて、コハルにフォローされてて和みましたww

後半はまた暗い感じの展開でした。

短剣の女の子はあまりに武器が弱すぎて所有者に捨てられたため、所有者のいないいわゆるゲームのドロップアウト状態であり、全校の男子全てに虐げられるという状態になってしまっていました。

数人がかりで暴行されていましたが、ソラと謎の眼帯男が助けに入って何とか助かりました。

ここで、女の子を虐げようとしない男子を出したのはいい展開だと思いました。

全員の男子が悪じゃないというのが表せれてたと思います。

まあこの男も何か裏があるのかもしれないけど・・・

この後前回ソラに敗れた男がソラに復讐する為、短剣の少女の所有権を得てソラに挑んできます。

コハルの銃VS短剣なので楽勝かと思いきや、銃による攻撃は相手に激しい痛みを与えてしまうことに気づき、打つのをためらったところを攻められ、絶体絶命になってしまいます。

そして、止めが刺されるかと思いきや、短剣の少女が身代わりになり、自分が倒れることで武器を消滅させ、ドローに持ち込もうとします。

そして意識を失う前に短剣の少女に幻想でもいいから「希望」に、「正義の騎士」になってくれといわれ、覚悟を決め男を銃で撃ちぬき、勝利します。

一応消える前に勝ったからソラは短剣の少女の所有権も得たのかな? 

最後はこの戦いを影から見ていたツキがなにやら不穏な行動をして次回へ。

うん、今回も面白かった。

ただやっぱり男尊女卑の設定が受け入れられない人にはきついかも。

短剣の少女とか今回ほんとにボロボロだったし。

ストーリーはよくできてるし、話の展開もうまいとは思うんだけどね。あと百合!

あとはやっぱソラのキャラが好きだなあ。

普段→アホの子

見せ場→やたら男前

個人的に好きなタイプの主人公です。

そして今回思ったのは生徒会のやつらの趣味が良過ぎww

前回は女の子にメイド服を着せてたのに今回はバニーガールの服になってるww

こいつらなんなんだww

次回はセンターカラーだそうです。

プラナスもラブロブもアムネジアもまだ1回しかカラーになってないのに、3話目で2回目のセンターカラーって事は結構期待されてるんだろうか?

なんだかんだで結構アンケが良かったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガンjoker7月号感想

joker7月号の感想です。

最近何気にガンガン本誌より楽しみになってますww

それでは以下ネタバレアリです。

※コープスについて追記アリ

続きを読む "ガンガンjoker7月号感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

ガンガンONLINE 6/18更新分

今週多いなあ・・・

なんか月初めは物足りないんだけど後半は逆に多すぎるような・・・

もうちょっとバランスよくならないものか・・・

ちなみに今週は連載陣とルーキーズフェストは分けて書きました(下の記事ね)

それでは以下ネタバレアリです

続きを読む "ガンガンONLINE 6/18更新分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガンONLINE感想番外編 ルーキーズフェスト

ガンガンONLINEで新人の読みきりが大量に公開されました。

また上位に入った人が連載って感じかな?

それでは以下ネタバレアリの感想です。

徒花

白鞘さんの作品。漫画大賞の準大賞の作品です。

読んでみて思ったのはとにかく画力がすごい。

内容は、黒花という呪われた剣を持つ盗賊に襲われている村の少女が、外に助けを求めているときに一人の頼りなさそうな剣士と出会う。

その出会った剣士こそが本物の黒花使いだったというもの。

ストーリー自体はすごい普通なんだけどその画力の高さでそこをカバーしている感じ。

主人公の剣士が黒花によって呪われてしまった経過なども、画力の高さや表現の仕方がうまかったので引き込まれました。

最後に敵を殺さず、生涯をかけて罪を償わせるところも良かったと思う。

総合的に見ると準大賞をとったのが納得のできでした。

東京FM

能山弾さんの作品。漫画対象の入選の作品です。

ページ数が92ページとすごい多かったので途中でだれるかと思ったけど、そんなことはなく最後まで一気に読めました。

はっきり言って今回のルーキーズフェスタで一番面白かったです

内容は、隕石によって崩壊した東京で、隕石の影響で表れるようになった怪物退治を職業としている少年キリトたちと、その少年に拾われた自動人形のピズが、卑劣な手で商売をしている商売敵と戦う話。

何よりヒロインのピズが明るく一途で魅力的。

行動からしてマスターの少年が好きで好きでたまらないのがわかってしまい、ニヤニヤしてしまう。

商売敵との戦闘シーンも、かわいらしい絵柄なのにしっかりと描けていたのは好感触でした。

戦っている間、「愛」だの「マスターが好き」だの連発しているのは少し笑ったww

戦闘シーンの最後の爆発に巻き込まれ、死に行く中でのピズの告白も表現が良くて引き込まれました。

まあちゃんと復活しましたが。

最後もなんだかんだでハッピーエンドで終わったのも良かったです。

オチも寝ているキリトにピズがキスして終わるかと思ったら、キスしようとするピズを必死で引き離そうとするキリトのシーンで終わりましたww

ここら辺新しいかもww

すごい面白かったしキャラも魅力的だったのでこのまま連載して欲しいなあと思えるデキでした。

時の雨蝕み結ぶ

菊月連さんの作品。漫画大賞佳作の作品。

まず思ったのは絵柄が完全に女性向けなこと。BLっぽいシーンの多々ありました。

そして何よりストーリーがない・・・

あっという間に終わってしまった感じがあります。

絵は結構きれいだと思ったけど、ほんとに絵だけで受賞したんじゃないかなあと思ってしまいました。

BLOODY PLANET

BLAZE one!さんの作品

内容は宇宙人のまいたナノマシンによって人々が怪物になってしまうという現象が起こるようになったシベリアで、とある特殊な力を持った姉妹がその怪物や、ナノマシン親玉を倒すといったもの。

怪物や血なまぐさい戦闘シーンは良くかけていたけど、女の子があまりかわいくかけていなかったなあという印象でした。

良くも悪くもヘルシングを意識しちゃってる感じがしました。

あと最後の展開にちょっと疑問。主人公人体実験されて死んじゃうんだろうか・・・

八百万の神様

佐東武幸さんの作品。

ロリコンでMの主人公の下に、先祖の復讐だといってロリの神様が天罰を与えにやってきたというもの。

ひたすら変態と神様の攻防が繰り広げられる作品。

神様はかわいくかけていたけど、ネタはかなり普通だったかなあ・・・

オチもよくある、お互いとっとと離れたいけど契約の関係上はなれられませんって感じだったし・・・

RIGHT OWNER

韮澤健治さんの作品。フレッシュガンガンでday to day worldを描いた人です。

主人公の菜鶴は、男子生徒にも恐れられる最強の女子校生で、親友の凛花がいじめの現場につっこんで仲裁しようとして逆につかまっては、それを助けるついでにいじめの仲裁するといった日常を過ごしていた。

そんな中凛花がさらわれ、一人の少年と戦うことになった。というもの。

後半でいきなり能力とか出てきた時にはびっくりしたけど、それ以外は結構面白かったです。

話のテンポの緩急をつけるのがうまく、菜鶴が必死に戦ってる一方のほほんと人質になっている凛花のシーンは面白かったです。

絵はやっぱりまだ荒いから画力が上がればほんとにいい作家になれそうだと思いました。

総評

今回の中で3つ面白いのを選ぶなら

1東京FM

2徒花

3RIGHT OWNER

かな。

はっきり言って東京FMと徒花の実力が突き抜けていた印象がありました。

後は好み次第じゃないかなあ。

個人的にはやっぱり東京FMを推しておきます。

久々に読みきり作品ではまりそうな作品でした。

これは読んでみて損はないと思います。

続きを読む "ガンガンONLINE感想番外編 ルーキーズフェスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

ガンガンONLINE 6/11更新分

今回感想を書いたのは

藤村くんメイツ、男子高校生の日常、悪魔と俺3

です。

今回はちょっと短めかも

以下ネタバレアリです

続きを読む "ガンガンONLINE 6/11更新分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ガンガン7月号 感想

おお・・なんとか正式発売日前にかけた・・・

今回感想を書いたのは

SCRAMBLE!、仕立屋工房、鋼の錬金術師、とある魔術の禁書目録、屍姫、ソウルイーター、仁岡先生、トライピース、マンアシ、ブラッディ・クロス、紅心王子、バンブーブレードB

です。

それでは以下ネタバレアリです

続きを読む "ガンガン7月号 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

ガンガンONLINE 6/4更新分

今回もあんまり読むものないなあ・・・

っていうか毎月第一週目はあんまり好きなのがない・・・

感想を書いたのは

舞勇伝キタキタ、生徒会のヲタのしみ。、男子高校生の日常、アマノイワトヒメ

後は結構前の読みきりだけど

悪魔と俺、お仕えニンジャ雅

です。

以下ネタバレアリです

続きを読む "ガンガンONLINE 6/4更新分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

コープスパーティー BloodCovered 1巻

結構前から気になってたんで購入。

4話まで収録してるからちょうどjoker創刊号に掲載した5話の手前まで収録。

1冊だけで完全に追いつけました。

joker本誌のほうではすごい展開になってますが1巻はまだ導入といった感じ。

主人公たちは転校していってしまうクラスメイトのために、みんながずっと友達でいられるというおまじない「幸せのサチコさん(女の人の形をした紙を、サチコさんにお願いしますと人数分唱えてみんなで引きちぎる)」を行ったところ、天神小学校という昔に廃校になったはずの小学校へと飛ばされてしまう。

そこは怨霊の作り出した呪われた空間であり、その空間に次元さえばらばらに飛ばされてしまった主人公たちは生きて脱出できるのか、といった話。

まだ導入部なので盛り上がりには欠けるけど、今後の展開の鍵になりそうな伏線や謎がいたるところに配置してあって結構楽しめました。

やっぱり生きて脱出するための鍵はサチコさんの紙切れなんだろうか・・・

1巻でそれを落として怨霊に焼かれた世以子が本誌であんなことになっちゃったし・・・

後は開かないはずのトイレから出てきた世以子も気になるなあ・・・

実はあの次点でもう・・・・とかかなあ?

それだとその後の展開がおかしくなるからそれはないか。

まあだんだんと謎も解けていくだろうから期待してます。

やっぱスクエニ系はコミカライズをしっかりやってくれるなあと思える作品でした。

角川とかMWとかだとコミカライズは大抵やっつけで終わっちゃうけどスクエニだと、禁書、ひぐらし、コープス、文学少女、ひまわり、としっかり力のある作家を使ってるからどれもしっかりとした良作になってるし。

コープスパーティーもキャラはかわいく描けてるし、グロいところはしっかりグロく描けてるので雰囲気も壊されずに楽しめました。

ひぐらしとかが好きならオススメです。

今ならガンガンjoker公式サイトで5話が立ち読みできるから読んでみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »