« トライピース 3巻 | トップページ | ガンガン6月号感想 »

2009年5月 2日 (土)

フレッシュガンガン春号

インフルのばかやろー!!

はい、風邪ひいてました_ノフ○ グッタリ

その間にもレポートの締め切りが迫ってきていて死にそうですつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

でもフレッシュの感想は書きたいから書く。

以下ネタバレアリです

ハガレンコラボ

屍姫・・・マキナがエロイww

ネルガル・・・いつものノリですwwマフターケアうまいなあww

ランデイ・・・キャラの特長を生かしてるなあ

仁岡・・・これまたいつものノリ、チビ同士の会話です

ハレグウ・・・これが1番笑ったww

紅心王子・・・かわいい感じにまとまってます

ブラッディ・・・一番絵が原作に似てるかも。アルに抱きつく桃瀬(猫)がかわええww

ひょっとこ・・・ニーサン大満足(身長的に)

仕立屋・・・センス悪い同士ww

はじっこ・・・1番シュールです

藍蘭島・・・アルの存在を認めない行人はいつもどうりww

トライピース・・・エド女装!!腐女子歓喜!!

SLAVE GAME

元マフィアの幹部だった男と、その主人になった女の子が、月に1人は賞金首を捕まえなければ、男が牢屋行きになってしまうため、ずっと一緒にいるために賞金首を捕まえるといったもの。

男は女の子にメロメロのロリコン、女の子は幼くて、純真無垢の天然系といったところはおもしろい。

絵がまだ荒いんですが、話は結構良かったです。

男がマフィアを抜けて女の子のために生きようとする理由も簡単なものでありながら、きれいだったと思います。

ばのてん!

一挙3話掲載

生徒会役員たちのギャグ漫画・・・かな?

ノリやギャグのテンポはうまいと思いました。

ただ個人的に絵・・・というか目が気になる・・・

女の子の目がクリクリしすぎな気が・・・

チューンド!!!

ガッシュとかポリフォニカみたいな設定かな。

チューンドというモンスターに、曲を弾くことで力を与えるといったもの。

まず絵はすごいうまいと思ったけど、これはあくまでコロコロ系の少年漫画として。

話も王道的な感じで、少なくともガンガンではまず人気は出ないだろうなとは思います。

Red Raven

処刑人の話。

武器がギロチンで、ギロチンを使った戦闘シーンはうまくかけていたと思います。

話はよくある読みきりの話といったところ。

ただ、画力が結構あったので全体的にはいい感じの作品になっていると思います。

梅ばあと誠二と

なぜかおばあちゃんが主人公にはロリに見えるといったもの。

しかも主人子がロリコンだからとんでもないことに。

とはいえおばあちゃんに変わりないので度々ぼけたり死に掛けたりするのは面白かったですww

Day to Day World

殺人鬼の兄妹がお互いに競い合うために殺しのゲームをする。そのターゲットは自分たちの尊敬する父親だったというもの。

殺し屋である父親のキャラがいかれててよかったし、兄妹もその父親の性格を受け継いでいるようで、しっかりとキャラが立っていたのは良かったです。

そんな兄妹も学校では先生に全然逆らえないのは、ギャップがあって面白かった。

戦闘シーンも多少荒いけどしっかりかけていると思います。

トイレと不良と花子さん

トイレの落書きの犯人にされてしまった不良と、そのトイレのお化けである花子が真犯人を探す話。

全体的な感じとしてはコメディでいいのかな。

腕を折っちゃった子が髪の毛で絵を描いてました、ってのなんか微妙だったかも。

可もなく不可もなくな感じの漫画だったなあ。

Killers

とある女の子の殺害依頼を受けたキルは、同じ依頼を受けたはずの凄腕の殺し屋のシロがなぜか女の子を守っていることに気づく。じつは、キルが依頼を受けたのは、女の子の父親の名前を語る偽者で、シロは実は生きていた本物の父親の依頼で女の子を守っているのだった。というもの。

話は結構面白かったけど、殺し屋物なのに戦闘シーンがややお粗末だったなと感じました。

世界の片隅で終末論を囁く

とある高校生が世界を滅ぼす爆弾を作ってしまったので、その危険を排除するために、彼を殺しに女神がやってきたというもの。

女の子はかわいくかけてるんだけど、背景の書き込みが少ないせいか、とにかく画面が白く感じられてしまう・・・

話はまあ可もなく不可もなく、だけど連載になったらちょっと続きは見てみたいと思いました。

剛券スゥイーツ!

空手バカが女の子に告白するために一流スイーツ店のパティシエに弟子入りしようとするもの。

とにかく出オチの勢いで走りぬけた感じがある作品でした。

今回の読みきりの中では一番バカな漫画だったと思いますww

ただ完全に出オチなので、今回は面白かったけど連載で読みたいとは思わないなあといったところ。

ホコビト13

最初から最後までとにかく戦闘シーンでした。

迫力はあるんだけどトーンを使ってないせいで見づらかったです。

絵は以前よりクセが抜けて見やすかったです。

女の子も結構かわいくかけてました。

灰色カブラ

オチこぼれの死神の話

ターゲットを殺すどころか助けてしまうというのはよくある展開だけど、話の展開はひねってあってよかったと思います。

最後も結局主人公は失業しちゃいましたしww

ただ絵がかなり独特というかクセがある感じなんでそこでけ気になったかな。

インビジブルハート

だんだんと体が消えていってしまう女の子と、彼女が好きな男の子の話。

服がどうなるかとか色々考えると突っ込みどころが多い気がしますが、それは野暮ってものか。

だんだんと消えていく彼女に最後までそばにいようとする主人公は良かったと思います。

安易なハッピーエンドじゃないけどキレイな終わり方でした。

レインメーカー

人切りの少年と、その少年に1000人切りを頼んだ少女の話

「1000人の命」を代償に「折れない刀」を手に入れて「両親を生き返らせる」ことを目的とする。

前回はギャグ漫画を書いてた人が今回はシリアス物。

意外と戦闘シーンとかがかけてて驚いたww

ただ、最後の展開がちょっと良く分からない・・・

「1000人の命」という代償にしては「折れない刀」は弱すぎるってことだから、「1000人の命」ってのは嘘で、最後のシーンとか「悪人なら殺しても心が痛まない」ってセリフからすると目的も実は「両親の蘇生」じゃなくて元々は「親の敵の少年を殺す」ことだったってことかなあ?

うーん自分の頭では良く分からぬ・・・・

LIBIDO!

なにこの劣化版ブラックキャット・・・

ストーリーは性的な興奮をすると異常な力を出す青年がマフィアと戦う話。

世界観もブラックキャットに似てました。

絵も完全に矢吹先生の影響を受けてます。ただしかなり劣化してる・・・

なんというか矢吹先生を意識しているからそれなりにうまいし、女の子もかわいいんだけど・・・何というか固い。

もうちょっと画力が上がればスクエニ版矢吹先生になるかもww

地上の翼

カゼという災害によって困窮に見舞われた部族が隣の村に攻め入ることとなり、少年は部族を裏切りその隣村の少女と戦場を逃げ出した。

そして少年が目にしたのは両部族を滅ぼしている戦争の調停者であり、少年の憧れだったジーンカイトという英雄だった。といったもの。

自由とはどういうことか、というテーマかな。

独自の世界観は良くできていると思いました。画力もかなりあると思います。

ただ最後の展開が少し強引だったような・・・

RingRingRing

美少女ロボットとの同居四コマ

定番のネタが多かったけど笑ってしまったww

燃焼系には笑ったww意味ないのかよww

EDEN

便利屋の男2人組みが、とある屋敷の少女の父親を殺して欲しいという依頼を受ける話。

話はいろいろと仕掛けがあって楽しめました。

最後の展開もなかなか良かったと思います。

絵は少し女向けといったところかな。全体的な画力は今回では1番かも。

総評

面白かった順としては

1 Day to Day World

2 SLAVE GAME

3 RingRingRing

次点でホコビト13、EDEN、レインメーカーかな。

前回と比べて今回は全体的に小粒だった印象です。

というか前回のレベルが高すぎたのか?

前回はアルティメットドールズが圧倒的で、他にもKHMとか絵も話もレベルが高いのが多かったんだけど、今回は話が良くても画力がまだ足りなかったり、逆に画力があっても話が平凡だったのが多かった印象があります。

正直今回どれが1位になるか想像できないなあ・・やっぱ一応の完成度が高いSLAVE GAMEあたりかなあ。

そういや前回1位のアルティメットドールズの連載の話はどうなったんだろ。

春に連載開始といわれて未だに音さだないけど水面下で進んでるんだろうか。

|

« トライピース 3巻 | トップページ | ガンガン6月号感想 »

スクエニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157355/29399117

この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュガンガン春号:

« トライピース 3巻 | トップページ | ガンガン6月号感想 »