« doubtのドラマCDはオリジナル展開! | トップページ | ガンガンONLINE 4/23更新分 »

2009年4月23日 (木)

ガンガンJOKER 感想

新創刊されたガンガンジョーカーの感想です。

ああ・・他にもONLINEとかトライピース3巻とか書きたいけど時間が・・・・

とりあえず以下ネタバレアリです、

まなびや

「まほらば」の小島あきらさんの新連載。

父親が再婚したことにより、家事などの負担が減って自由に使える時間を手に入れた主人公がいままで何気なく携帯で写真を撮っていたことから、本格的に写真を始めてみようとする。

そんな時桜の木の下でカメラを手に桜を見上げる一人の女の子とであった。といった感じ。

相変わらずのまったりとした雰囲気がすばらしい!

何気ない日常をこれほどうまく描けるのは早々いないと思う。

キャラもしっかり立っていて今後も安心して楽しめそうです。

ジョーカーの看板漫画として申し分ないできでした。

個人的には冒頭に出てきて過去の写真を見ている女性が気になります。

薬指に指輪とかしてるけど大人になったヒロインだろうか?

妖弧×僕SS

タイトル読みづれぇww

これで「いぬぼくシークレットサービス」と読みますww

「Dear」の藤原ここあさんの新連載。

絵は相変わらずかなりうまいです。

内容としてはヒロインの女の子が親元を離れて入居したのは、SS付の高級マンションだった。しかしここは周りではお化け屋敷といわれているところだった・・・といったもの。

ただ、別にお化けが出て、そいつと仲良くなるといった内容ではなく、単純にヒロインやその他登場人物が全員妖怪だったといった内容でした。

ヒロインのSSが九尾、幼馴染が一旦木綿、そのSSが雪女、また根暗な女の子ががしゃ髑髏といった感じです。

ヒロインだけ正体が明かされませんでしたが名前が白鬼院凛々蝶(しらきいん、りりちょ)なので鬼か蝶関係?

全体的な雰囲気としては少女漫画チックかな。

ヒロインがほんとは超さびしがりやだけど人前では毒舌になってしまい、激しく自己嫌悪してるのは面白かったです。

それにしてもヒロインのSSが八雲藍に見えてしまう自分はもうだめかもしれない・・・

ひまわり

人気同人ゲームのコミック化。

2年前の飛行機事故で記憶を失った主人公は、今は先輩の雨宮とともに宇宙を目指しロケットの開発にいそしんでいた(ロケットといってもちゃちなものだけど)

そんなある日の夜、空からなぞの光が振ってくるのが見え、その場所に先輩と向かうと、いわゆるUFOが墜落していた。

扉を開けて中をのぞくと一人の女の子が倒れており、その子はアリエスと名乗った。

今回はプロローグといったところかな?

絵もすっきりしていて良かったと思います。

原作ゲームがすごい評価されてるらしいのでこれからの展開が楽しみです。

ダメっ妹喫茶でぃあ

妹喫茶の話。超人見知り、ツンデレ、電波の3人の妹がひたすら客を接待する感じです。

内容は・・・まあよくある感じかなあ・・・

ラブ×ロブ×ストックホルム

冤罪の罪で負われてる少女を、さえない浪人生の主人公がかくまうといったもの。

といっても半強制的に部屋をヒロインに占拠され、主人公は人質扱いですがww

1話としてはまだ設定も内容も平凡なかんじでした。

まだ様子見かなあ。

夏のあらし

みんなで水着になりました(完)

いままでの内容が分からないのでなんとも・・・・

絵はちょっと荒れてたかなあ

戦国ストレイズ

信長の3人の部下の実家に行く話。

移籍後の内容としては少し分かりにくかったんじゃないかなあと思う。

主要キャラのほかにいきなり色々なキャラが出てきて混乱しそうでした。

最後は主人公のかさねが1話で出てきたなぞの刀を手に入れたので、次回で結構話が進みそう。

黄昏乙女×アムネジア

主人公の少年と、主人公だけが見えて触れる幽霊の少女である夕子が、なぜ夕子が死んでしまったかを知るために、怪奇現象を解決していく話。

絵は作品の雰囲気にあっていていいと思います。冬目さんの絵に近い感じかな?

ヒロインも普段きつい顔をしている割に結構表情豊かでかわいい感じになっています。

前情報では期待していなかったけど面白かったです。

ONLINEでもプロローグ的なものが読めるのでそちらを読んでみるといいかも。こっちも面白かったです。

文学少女

あんまり話が進まなかったなあ・・・

これ1巻の内容が終わるまでに結構かかりそうです。

あと原作が劇場アニメ化だそうです。

おめでとうございます!

プラナス・ガール

個人的に本命!

読みきりのときから面白かったので連載になってマジでうれしいです。単行本も買いますよ!

話は普通に、何でもできて女子にもモテモテの主人公である槙が一目ぼれした女の子である絆は実は男(?)だったというもの。

基本的には槙がひたすら絆に振り回される感じです。

この作品はとにかく絆がかわいい!!

男だからもちろん男心を知っているわけで、うまい具合に槙を誘惑します。それに対して槙は必死の抵抗をします。

この槙と絆の掛け合いが面白いです。

これを楽しめるとこの漫画にはまるかも。

ちなみに一応絆は男と自称してますけど、決定的な証拠は出てないので実は女だったっていう展開もあるかもしれません。

まあどっちでもかわいいからいいけど。

ちなみにONLINEで1話と2話が見れるのでぜひ見てみてください。

面白いです。

コープスパーティー

良く考えるとジョーカーには同人ゲーム原作が4つも連載してるのか・・・

これで東方まで来たら同人ゲーム完全掌握してしまいそうな勢いだ・・・(まあまず無いけど)

今回は保健室で休んでいたところを幽霊に襲われ、直美と世以子の間に亀裂が入る話。

このチャプター1のネタバレを読んでしまったからこの後の展開がつらい・・・

ああ・・・あのシーンももうすぐなのかな・・・

あん☆りみてっど

萌え系漫画家と思ったらかなりダークな話でした。

これは怖いわ・・・ある意味ひぐらしレベルだ・・・

技術を盗んだら漫画家を殺してその作品を奪い取るとか・・・

漫画家さん逃げてー

ヤンデレ彼女

前にONLINEで感想書いたけどとにかくヒロインがかわいい!

それくらいしか書くことが無い!

面白いけど!

総評

個人的に面白かった順としては

1.まなびや

2.プラナス・ガール

3.アムネジア

次点、妖弧、ひまわり

全体的に安定していて良かったと思う。

ひぐらし、うみねこ、は言わずもがな人気あるし

戦国、夏のあらしとWINGの看板をつれてきていて

まなびや、妖弧、なども実力派だし。

あとはガンガンに慣れてると薄く感じてしまうのが欠点か?

とはいえまだ新連載はどんどん来るようなのでもっと読み応えがある雑誌にはなると思う。

とりあえず次号も楽しみにしてます。

|

« doubtのドラマCDはオリジナル展開! | トップページ | ガンガンONLINE 4/23更新分 »

スクエニ」カテゴリの記事

コメント

凛々蝶は鬼です。

投稿: 名無し | 2012年1月18日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157355/29252122

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガンJOKER 感想:

« doubtのドラマCDはオリジナル展開! | トップページ | ガンガンONLINE 4/23更新分 »