« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月26日 (日)

トライピース 3巻

コンパコ戦争編を完全収録した3巻です!!

このエピソードは本当にすごいと思うのでぜひともたくさんの人に読んで欲しいなあ。

本編は雑誌掲載時に何回も読んでしまったのでぶっちゃけ改めて思うことはなかったww

それよりも、今回単行本書き下ろしのコンパコ戦争編の後日談がすごく良かったです。

16ページとなかなかのボリュームで書き下ろしてあります。

内容は、コンパコ戦争の終結について、星水の力によって森になった、以前戦争が行われていた荒野で、ムトーとモカが語り合うといったもの。

果たして今回の結末は正しかったのか。

コンパコ戦争のもうひとつの結末、どちらか一国が勝利し今まで以上の繁栄を得ると同時に、もう一方に国が貧困に見舞われるといった結末。

自国のために働かなければいけない王族としてはこちらのほうが正しい結末ではなかったのか。

しかし、この結末は自分たちが自分たちが選んだものであり、先代の王たちの思いも忘れることなく、今後のために努力するべきだと考える。

そして今後のためには星水泉のなくなった今、一国だけでは厳しい。そのためには二国の協力が必要だ。

しかし、今まで敵対していたのにすぐに協力関係になるわけにはいかない。

だからまずは2人が友達になることから始めようとする。

といったもの。

ナナのとった判断は決して正解ではないとしながらも、ひとつの結末であるということのすばらしい補足話だと思いました。

先代の王のとった、戦争という行動も決して否定することをしなかったのは良かったと思います。

改めてこの作者は本気で戦争物に取り組んでるんだなあと感じられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ガンガンONLINE 4/23更新分

今回感想を書いたのは

ひぐらし、学校のせんせい、藤村くん

です。

プラナス・ガール、アムネジアの1話と2話の公開してるので興味のある方はぜひ

以下ネタバレアリです

続きを読む "ガンガンONLINE 4/23更新分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

ガンガンJOKER 感想

新創刊されたガンガンジョーカーの感想です。

ああ・・他にもONLINEとかトライピース3巻とか書きたいけど時間が・・・・

とりあえず以下ネタバレアリです、

続きを読む "ガンガンJOKER 感想"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

doubtのドラマCDはオリジナル展開!

doubtのドラマCDの概要が出ました。

<概要>
ラビット・ダウトは繰り返される―――。
密室で目を覚ました男女7人。出口を探し、戸惑うウサギ達。
告げられる殺人ゲームの幕開け・・・。
そして響く断末魔の悲鳴。 犯人は自分たちの中に!?
ソリッド・シチュエーション・スリラー“ドラマCD Doubt”
嘘つき狼の謎は新たに・・・。

<出演>
立花姫香/松岡由貴
山本美弥子/加藤英美里
加納洋子/能登麻美子
桜茂/羽多野渉
西崎和幸/水島大宙
柴田隆人/高城元気
世良彰/前野智昭

どうやら原作とは違った話になるようです。

ちなみに佐藤利奈さんのラジオでゲストに来ていた松岡由貴さんがちょろっとネタバレしてます。

http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_043.html

これを聴くと多少展開が予想できますww

来月のガンガンでもっとしっかりした情報は出るそうなのでそっちも期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

ガンガンONLINE 4/16更新分

連載作品数増やしすぎ?

てなわけで感想です。

深夜のテンションなのでところどころおかしいかもしれませんがご容赦のほどを・・・

ヤンデレ彼女

この漫画のヤンデレとはヤンキーデレのことだそうです。

話の内容もひたすらヤンキーのヒロインと主人公がいちゃいちゃしてる感じです。

ってかヒロインが主人公にでれでれ過ぎるww

ツンのかけらもありゃしないww

絵は少し不安定だけどネタが面白いし、ヒロインがかわいすぎるので無問題。

面白かったです。

戦国スクナ

読みきりから連載に昇格。

カラーページにはまだ出てないキャラも含めて勢ぞろいしてました。

内容は旬の直江と謙信が登場。

直江は完全に百合キャラになってますww

目標は謙信と一線を越えることだそうでww

そんな直江がマサムネを謙信に気に入られてると勘違いし、襲います。

直江のキャラが結構良かったです。

巻物にいちいちかかないとしゃべれないとかww

全体的にキャラがかわいくて、ネタも面白いので、個人的には今回の新連載では一番好きです。

ひゃくえん!

新連載、女の子二人がルームシェアしながらひたすら節約生活する話。

話も様々な誘惑に勝って貯金をするだけでした。

まだあんまり面白いところは無かったなあ・・・

とりあえず様子見です。

アマノイワトヒメ

展開がだるすぎる・・・・

話が一切進行してません・・・

これでまだ次回もプロローグだったらさすがに切るかも。

あいは呪いの日本人形

最終回!?

話もなんか急展開でした。

打ち切りかなあ・・・

結構好きだったんだけどなあ、みかにハラスメントよりよっぽど面白かったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

このブログについて

どこぞのブログ初心者の学生が適当なことを書いてるブログです。

主に漫画と少しアニメやゲーム(東方関係)の感想とか書いてくつもりです。

とりあえず毎月更新するのは

12日近辺・・・ガンガン感想

22日近辺・・・ガンガンJOKER感想

毎週木曜日近辺・・・ガンガンONLINE感想

ここらへんはきっちりやっていきたいです。

ちなみに今応援してるの↓

失楽園:ガンガンJOKER連載中

トライピース:ガンガン連載中

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

ガンガン5月号感想

先月号は結局後半書けなかったので今月から感想書きやすいだけにします・・・

今回書いたのは

鋼の錬金術師、ブラッディクロス、仁岡先生、仕立屋工房、屍姫、ソウルイーター、マンアシ、禁書目録、藍蘭島、BBB、紅心王子、トライピース、ひょっとこ

です。

以下ネタバレアリです、注意してください

続きを読む "ガンガン5月号感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

天秤は花と遊ぶ 1巻

待ちに待ってた単行本発売ですヽ(´▽`)/ワーイ

天真爛漫少女の遥子と吸血症という他人の血を吸わなければならない少女(?)の愁の物語です。

百合物・・・とは言えるかどうか微妙なところ>愁の性別的に

雰囲気は完全に百合物ですけど。

この漫画の面白いところは愁の性別がなく、18歳までに吸った血の量で決まるといったところ。

あと、吸血症では好きになった相手の血を好む習性があり、愁が遥子に対する気持ちの変化に気づいてしまうところかな(本人は断固として認めようとしないけどww)

1巻ではその気持ちに気づいたところで終わってますが、雑誌のほうを立ち読みしてこのあとの話を読んだら愁が遥子を完全に意識しててニヤニヤ物でしたww

この本の紹介文をみると恋愛物語とあるのでこの二人の関係が今後の主軸になっていくのかな?

このままいくと遥子の血ばっかり吸っているので、愁は女になっちゃうけどそこらへんの葛藤とか描かれるんだろうか(すでに百合が当たり前っぽい世界観だからあんまり問題でない気もするけどww)

最近の中ではかなり面白い漫画だと思うのでオススメです!!

↓から作者様のサイトにいけます。

4月11日『天秤は花と遊ぶ』①巻発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

ガンガンONLINE 4/9更新分

私生活が鬼のように忙しい。゜゜(´□`。)°゜。

レポートの内容が難しすぎて死にそう・・・・

まあ愚痴はこれぐらいにしておいて今週分の感想。

描いたのは

ぽち軍曹、藤村くんメイツ、病棟少女館です。

続きを読む "ガンガンONLINE 4/9更新分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

咲 -Saki- 第01話 「出会い」

原作は4巻まで既読。一言で言えば萌え百合麻雀漫画です。

アニメは原作に忠実に進んでます。GONZOだからかなり心配してたけどww

作画も原作に忠実で違和感もないしGONZOなので(作画は)期待できると思います。

内容は、主人公の咲が、幼馴染に打ち手が足りないということで連れられていった麻雀部で麻雀をするが、そこで咲は3回連続±0という、勝つよりも難しいことをやってのける。

もしこれを故意見やっていたとしたら相当な才能の持ち主ということになり、それに気づいた天才中学生の和は、そのこと咲に問い詰める。

すると咲は、自分が家族麻雀をやっていて、負けるとお年玉を取られ、勝つと怒られるため常に勝ちも負けもしないように麻雀を打ってきたことを話す。

そんな咲にもう一局打ってくれないかと頼む和だが、咲には麻雀は好きではないといって断られてしまう。

翌日、部長が咲に咲が読みたがっていた本を貸してあげるという口実で麻雀部に咲を連れてきます。

結局打つことになる咲、またしても±0を狙いますが、和のリーチによって1000点が加算されてしまい、±0にするためにはものすごい低い確率の役(麻雀知らないからここら辺良く分かりません(;ω;))を作らないといけなくなる。

誰もが無理だと思っていたが、そんな中でも咲はその役を作ってしまう。

そんな咲をみて部長が咲の才能を確信したところで次回へ。

最後にOPも流れました。どうやら原作と同じ面子が出るみたいで一安心。

そして咲と和のラブラブっぷりが全編通して強調されてましたww

最初の出会いも咲が原作以上に顔赤くしてたし、和が咲を呼び止めるシーンは抱きついちゃってたしww

まあ麻雀がわからない人でも咲と和の百合っぷりで楽しめるので、安心して見れるアニメになってます。

あとは麻雀時の過剰演出に耐えられればだけどww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

鋼の錬金術師FA 第01話「鋼の錬金術師」

新シリーズ始まりましたね。

ハガレンは未だに人気がすごいから楽しみにしてた人も多いと思いんじゃないかな。

いま確か日本で5番目に売れてる漫画で、DVDBOXもかなり売れたしね。

今回のアニメは原作準拠らしい。ただ、すでに21巻も出てる原作をどうするのか気になってたんだけど最初はオリジナルにして原作で重要な設定だけ拾ってくって言う感じかな?

第一話ではアニメオリジナルキャラの「氷結の錬金術師アイザック」が登場。

セントラルで暴れるこいつを捕まえるためにエド、ロイ、アームストロングなどが動くといった内容でした。

他にもヒューズにキンブリーに大総統、ホムンクルス組の顔見せもあり。

エドとアルの体のことなども触れつつストーリーが進みます。

ちなみにアイザックが暴れている原因は軍の秘密を知ったからなんですね。

あくまで大総統に敵意を向けてるからお父様やホムンクルスまでは知らないだろうけど。

アイザックが賢者の石を持ってたのは内乱のときに渡されたのをそのままパクって逃げたんでしょうね。

アイザックは賢者の石を使ってセントラルに氷の壁による巨大な練成陣を描いて中央司令部を凍結しようとします。

でも結局、陣は大佐と少佐にこわされて、アイザックは大総統に殺されてしまいました。

なむ(*_ _)人

OPは作画は良かったです。ただYUIの声がなんか軽い気がしてしまう・・・

単に個人の感想ですがYUIはアニメのOPにあんまり向いてない気が・・・

EDはでデフォルメキャラが暴れます。こっちは歌に反してかわいいなww

さて、今回一番気になったのか今の時系列はどこかということ。

ヒューズはまだ生きてるし、アームストロングとは面識があるみたい。ただリオール行きのチケット買ってたってことは原作1話の前?

ここらへんは11日のガンガンに情報載ってるかな。

次回は過去編、人体練成した時の話だそうで。

クオリティは高めなので安心して見れそうです。

続きを読む "鋼の錬金術師FA 第01話「鋼の錬金術師」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 2日 (木)

ガンガンONLINE  4/2更新分

舞勇伝キタキタ

王子はやっぱり仲間にならなかったか。

まああんなウザキャラが仲間になっても困るけど

そしてギャグキャラと同じ扱いを受けて喜ぶ姫はやっぱ変な人だww

おじいちゃん勇者

やばいww鼻見酒がつぼったww

アマノイワトヒメ

女王騎士の下村さんの新連載

※画像のお姫様はイメージです

イメージ画像詐欺かー!!

とはいえ肝心の姫が出てきてないのでまだ分かりませんが。

話は1話なのになんか中途半端に終わってる感じがしました。

うーむ、あんまり面白くなかったなぁ

主人公の3人が姫の護衛任務につきました。

ではなしは終わりだもんなぁ

余計なネタをつめすぎて話が全然進んでない印象がありました。

まあまだ様子見でいこうとかな。

乙女革命アヤメの!

ガチ百合漫画キター

原作は知りません。

ガンガン系で百合ってかなり珍しい気がする。

話は・・・うん・・・正直言って面白くない。ページ数の短さも影響してると思うけど。

ただ絵がすごくきれいで、この絵で百合をやられたら文句は言えません。いいぞもっとやれ。

別にこれが連載になって欲しいとは思わないけど、この絵での百合コメディはまた見たいとは思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスラクライン 第01話 「機巧魔神(アスラ・マキーナ)」

原作は既読。なのでちょっとネタバレアリです。

キャラデザはかなり原作に忠実です。まんま和狸ナオさんの絵が動いてる感じ。

前情報だと原作とは違ったストーリーになるといってたけど、完全な別物になるようなことは無いようで一安心。

ただなんか展開が速いです。まあキリのいいところで終わらすためでしょうけど。

内容としては、主人公である夏目智春は、母親の再婚を期に家を出て1人暮らしをすることになる。

実は彼には秘密がある。それは、3年前に飛行機事故から奇跡の生還を果たし、同飛行機事故によって行方不明になった幼馴染の幽霊、操緒がついているというものだった。

おかげで学園では少々気味悪がられることも。

そんな彼らの元に、幽霊である操緒が見える黒崎朱里という女性が謎のトランクを持ってやってくる。

その彼女持ってきたトランクをめぐって謎の巫女少女(もう1人のヒロインである奏、とあるところのサイズにより通称Fと呼ばれる。)や白コートの集団、ヤクザなど智春の家を襲撃する。

彼らが抗争を繰り広げる中、意を決してトランクを開放すると、中から鉄の巨人が現れた。というところで次回へ

原作と違うのはヤクザがまだ智春を奏の友人としてみていないこと。あとはクロガネ(漢字が出ない。゜゜(´□`。)°゜。)の登場が早いことですかね。

OPはangelaなのでそんなに不安は無かったんですが、期待どうりかっこよかったです。

あと思ったのは操緒がちゃんとヒロインしてるなといったこと。

原作だと完全に奏がヒロインと化してますww

告白もキスも奏とでしたしww

とりあえず1話としては無難なデキになっていたので安心して継続できそう。

ところで分割2クールといううわさは本当なのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »