« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月30日 (月)

ソウルイーター 最終話「合言葉は勇気!」

1年間見てきたソウルイーターも最終回でした。

いや~いいアニメだったなあ。

原作信者としてはところどころ物足りないところはあったけどアニメ単体でしっかり楽しめました。

黒星とキッドが倒れ、残りはマカとソウルのみ。

魔人狩りも通じず、ソウルも倒れてしまい最終的にはマカと鬼神のタイマンになりました。

はっきり言って力の差がありすぎるのをどう埋めるかと思ったんですがまさかのマカ武器化!!

確かにデスサイズの血を引いてるから不可能じゃあないのか・・・

ここでの戦闘シーンはさすがだったんですがこれだとソウルが要らない子になってしまうww

体から無数の鎌を生やして戦うも、鬼神には通じず。

しかしマカの本当の武器は恐怖に立ち向かう勇気である。

絶望的な状況でもあきらめないマカに鬼神は精神的に追い詰められていく。

ここで、久しぶりに鬼神が超ビビリだってこと思い出しましたww

どうやら鬼神にとって未知は恐怖であり、マカを支えているものが何なのか理解できずに苦しみます。

そんな鬼神にマカは一発、勇気をこめた拳骨をお見舞いします。

なんでもない一撃に見えたそれは鬼神を砕き、鬼神は勇気とは何なのか、それは狂気のように、誰もが持っている恐怖と戦うための力なのだと知り散っていきました。

ここは、マカの力で倒したのではなく、仲間や鬼神に取り込まれた人たちの勇気が重なって鬼神を砕いたということでいいんだろうか?

ちょっと決着が無理やりだったかなとは思いますが勢いがあったのでよし!!

なんだかんだで最終話もうまくまとめたんじゃないかなと思います。

ただ後日談的なものも欲しかったなあ・・・

鬼神倒して終わりになったからそれぞれのキャラのその後が投げっぱなしなんだよなあ・・・

最終巻の特典映像とかで補完してくれるとうれしいんだけど。

後は原作のババヤガー編もぜひともアニメで見たいなあ。

キッドVSモスキートとか黒星VSミフネとかすごいことになりそうだし。

がんばれボンズ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

ガンガンONLINE 3/26更新分

ONLINEの感想~

毎週できるかはわからないけどできるだけやってみようと思ったり

感想書いたのは、ひぐらし、学校のせんせい、藤村くんメイツ、剣豪少女です

では以下ネタバレです

続きを読む "ガンガンONLINE 3/26更新分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

トランジスタティーセット1巻

いろんなブログで取り上げられてて地味に話題沸騰の漫画ですね

いろんな書店を回ってなんとかコミック専門店で最後の1冊を手に入れました。いやーラッキーだったヽ(´▽`)/

内容としてはアキハバラを舞台に繰り広げられるちょっと不思議な日常ストーリー

主人公はメカフェチで、電子部品店を経営する女子高生の半田すず

そんな彼女のもとに数年前に外国に留学した親友が帰ってくるがなんと彼女はメイドになっていて、すずの店の前にメイド喫茶を開いたのだった。というお話

舞台は秋葉原無線商店街という現実の秋葉原とはちょっと違うとこなのかな?

登場キャラは主人公のすずとメイドのみどり、すずを慕う(惚れてる?)商店会長の孫で小学生のさいり、その友達のかがみ、あとは商店街のおっさんたちです。

まずキャラの掛け合いが面白いです。

大抵のパターンはすずにベタベタするみどりにさいりが嫉妬するってパターンですがww

全体的な雰囲気もレトロでいいと思います。

古い時代の秋葉原に触れたりして、うつりゆく秋葉原を丁寧に描いているのも印象的です。

アキバものにしては珍しくオタクものじゃあないのが新鮮ですね(まあ主人公がメカフェチだけど・・・)

あくまで秋葉原の日常を書いている作品です。

特にこれといった事件が起こるような作品ではないけれどもキャラの掛け合いやストーリーのテンポがいいので、日常ものの漫画が好きな人はかなりはまると思います。

実際読んでると話題になるのが良く分かります。

現在品薄なようなので見つけたら即買ってみることをオススメします。

↓以下応援中

4月11日『天秤は花と遊ぶ』①巻発売 4月11日『天秤は花と遊ぶ』①巻発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

ささめきこと4巻

アニメ化おめでとうございますヽ(´▽`)/

公式サイトもオープンしましたねhttp://www.sasameki.com/

製作はAICか・・・瀬戸とかよいちとかのところ?

まあ作画は大丈夫・・・かな・・・?

そんなこんなで勢いにのってるささめきことですが前回の強烈な引きからの4巻です

といってもほとんど過去編なので実際の話はそこまで進んでません

ただ、汐→すみへのフラグが完全に立ちました

ひとつの大きなターニングポイントでしょうね

汐は昔親友に抱きついて気持ち悪いといわれたことがトラウマなようで、すみを好きになると同じように嫌われてしまうかも知れないという思いからすみへの気持ちが恋であることを認めようとしません。

そしてすみも汐の変化に気づかない。

とりあえず完全に両思いになったけれど、お互いそのことに気づかずあと一歩を踏み出せない。

さらに汐は逆に変に意識して以前のように気軽に手をつなぐこともできなくなり・・・というところで次巻へ

途中に過去編も入ります(って言うかほとんど過去編)

すみが汐に惹かれていく過程が描かれています

過去編もやって両思いフラグも立っちゃったし、そろそろ物語の山場に入ってきたかなという印象がします。

果たしてどうなるか・・・

変に引き延ばしとかせずきっちり描ききって欲しいです。

あと、本筋とはべつにクラスメイトの何気ない秘密が大放出ww

ハチが超お嬢様で2年留年してたのは会社のためとか、みやこがハチの使用人(専属運転手)の娘とか、ただのクラスメイトだと思ってたボンバヘの子が髪留めとると超美人だとか(今回最も驚いたww)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

とある魔術の禁書目録4巻

欠陥電気編クライマックス!!

学園都市最強VS最弱の闘いに決着が!!

原作でも人気のあるエピソードだけに面白いです

美琴のヒロインっぷりもすばらしいww

当麻にひざまくらをしながら弱みを見せて泣くシーンとかね。

バトルのほうも迫力あって見ごたえがあります

一方通行の圧倒的な能力がうまく表現されてて、その分当麻が反撃するところが読んでてスカッとします

決着のつけ方も、当麻1人で勝ったというよりも美琴やシスターズみんなの力で勝ったというような構成になっていて良かったです

ここでの美琴がシスターズに助けを求めるシーンはぐっと来ます

やっぱ禁書のヒロインは美琴だよなあ

そして次から5巻の内容へ

まだまだ美琴のターン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウルイーター14巻

買った人はまずカバーを取りましょう

( ̄▽ ̄)せーの

ウゼエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ

ふう・・・

今回懲りすぎですww

いたるところがウザイですww

まあ気を取り直して感想でも

本編ではキッド覚醒、キリク奮闘、ノアVSモスキート、黒星VSミフネ戦決着ってところです

黒星VSミフネは結構構成変えてきましたね

本誌に載ったときは黒星とミフネが切りあったところで終わってたんですが、今回単行本では決着のところまで載せてました。まあこっちのほうが区切りがいいと思います。

しかしこうやって単行本で一気に読むと盛り上がり方が半端ないです

覚醒キッドVSモスキートでの一番たくさんだった時代のモスキートを打ち落とすシーンとか、黒星の影星零ノ型「正宗」発動、その後の切り合いとか

これは完全に前夜祭の死闘編を超えたと思います

次巻でアラクノフォビア編が終わるらしいのでマカVSアラクネももうすぐ決着かな

そういやクマとサルはどこ行った・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

廻り巡る

知っている人は知っているMAIKAZEの当方二次創作アニメ、「夢想夏郷」のED、「廻り巡る」を通販で買いました。

いやーマジでいい歌です。

本編のアニメは初回版で購入済みでしたが、ショートverしかなかったのでFullをずっと待ちわびてました。

まず歌詞が東方の世界観や雰囲気にしっかりマッチしていて、さらにメロディやボーカルの沙紗 飛鳥さんの声も優しい感じに仕上がってて利いててすごく癒されます。

カップリング曲の「硝子の羽」もいい感じでした。

このMAIKAZEは東方の二次創作アニメで有名ですけど音楽のほうもすごくいいと思います。

「神々の祈り」「にとり」「散りゆく時」「蛙石」は一度聞いてみることをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

ささめきこと アニメ化

フライング情報出てたww

やはりアニメ化決定ですか。

> 監督:菅沼栄治
> 脚本:倉田英之
> 公式サイト:http://www.sasameki.com/

だそうで

倉田さんって帯にコメントかいてた人ですね。

どんな人かと思ったらR.O.Dの人だったのか。

R.O.Dは名前しか知りませんが・・・

なんにせよ原作のことをちゃんと理解してくれてる人が脚本ってのはうれしいです。

アニメを作るうえで一番大事なのは作品への愛だと思ってますから!!(何じゃそりゃ)

まほらば、ソウルイーター、京アニ系とかの面白いアニメは全部監督が原作が大好きって話してて、実際丁寧なつくりでしたし。

問題はMFがアニメ化連発してて、ひとつひとつをやっつけ見たいな感じにしないかなあということですね。

制作費ケチられたらさすがにいい作品はできないでしょうし。

まあそれでも楽しみにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

ささめきこと

何か近々重大発表があるとうわさの「ささめきこと」買ってみました。

読んでみたけど・・・・うん。

これはすばらしい百合作品だ!!

とはいっても普通の百合作品みたいに女の子同士で恋するのが当たり前みたいにひたすらいちゃいちゃする展開ではなく、もっと現実的で女の子が女の子を好きになるのが特殊なことだとしてかかれています。

主人公(女)の親友(こっちも女)は女の子が大好きで、かわいい女の子と恋人になりたいと思っている。

主人公はそんな親友が好きだけど、自分は背も高く、かわいくなく親友の好みとはかけ離れているのであくまで親友を見守る側でいる。(たまに暴走してるけど)

この2人のなんともいえない距離が素敵です。

親友にしてもいざ主人公が他の女の子と仲良くしてたり、しばらく連絡をくれなかったりするとやきもきしたり。

だんだんと主人公を意識していく経過などがしっかりしていて読んでてとても引き込まれます。

ストーリーがしっかりしていて、構成もテンポ良くできているので、別に百合が好きじゃない人でも普通に学園ドラマとして楽しめると思います。

さーて重大発表が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

ガンガン4月号感想

おお・・・見事に1ヶ月何も書いてない・・・

いろいろ忙しかったからなあ・・・・

というわけで以下感想です

今回から2回ぐらいに分けて書こうと思います。

力尽きたところで前半は終了ですww

今回かいたのは

ソウルイーター、鋼の錬金術師、禁書目録予告、ブラッディクロス、屍姫、バンブーブレードB、マンアシ、仁岡先生、紅心王子、トライピース、ランデイ

です。

2回に分けたとはいえいつもどうりネタバレアリなうえに長いです

それでは

続きを読む "ガンガン4月号感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »