« はじめに | トップページ | トライピースが化けた »

2009年1月24日 (土)

ガンガン2月号感想

いまさらですがガンガン感想など

最初なので気合はいってますがだんだんと簡略化したり、感想書きにくいのは書かなくなると思います。

しかしガンガンは毎月購入してるので、感想はできる限り書けたらなあと思っています。

注意ですがネタバレしてる上に長いです。

それでは感想いきます。

SOULEATER

やっぱり大久保さんは戦闘シーンを描かせたらトップクラスだなとあらためて痛感させられました。コマ割が神がかってます。もうほんとに映像を見てるような感じでスピード感が尋常じゃないです。

内容としては黒星VSミフネの最終決戦といったところでしょうか。それにしても戦闘シーンが生々しい。鍔迫り合いの最中にミフネが黒星の指をへし折るシーンとか、足に刀が食い込むシーンとか。何か全体的に黒星の方が劣性だったような感じがしました。ミフネのセリフからするとまだ黒星のはミフネを殺す覚悟ができていなかったということでしょうか?

最後はミフネは無限一刀流を捨て、黒星は刀を普通の重さにし小細工抜きの切り合いにて勝負。このシーンの気合の入り方が尋常じゃない。ほんとに震えました。決着がどうなるのか予想がつきませんが次号がほんとに楽しみです。

鋼の錬金術師

まず一言。ハインケル生きてたああああああああああ。

キンブリーの直撃受けたからどうなるか心配でしたがとりあえず今月の内容的に死亡フラグは回避でしょうか。

キンブリーによってプライドが復活してアルとハインケルが大ピンチ。何とか逃げようとするも相手はキンブリーとプライド。しかもアルの両足はプライドから逃げるときにもげてしまう。絶体絶命でも俺を捨てていけというハインケルをあきらめるなと助けようとするアル。そんな時ハインケルはとあるものを持っていることを思い出す。炭鉱でキンブリーに捨てられたときに拾った賢者の石を。

「ぶちかましてやれアルフォンス」

ここからのアルの復活は気持ちよかったです。絶体絶命の中での反撃の一手。燃えましたよ。

そのあとは場面が様々なところに飛んで来月以降のバトル展開への布石が一気に用意されました。

メイVS人形を取り込んで復活したエンヴィー

アームストロング少将VSスロウス

エド一向VS人形軍団(何か一番しょぼい気が・・・主人公なのに)

ホーエンハイムVSお父様

こっともソウルに負けず劣らずの熱い展開です。クライマックスに向けてどんどん盛り上がってます。次回も楽しみです。

doubt

今回の展開は荒れそうだなあ・・・と思います。

真の狼はレイで催眠術で美月に偽の復讐心を抱かせた、とのことなので操っていたというのとはちょっと違うのかな?

催眠術の設定は最初っからあったのでまあ予想はできたんですけどこういうサスペンスもので催眠術って許されるのかどうか微妙な気がします。

しかしこれ来月で終わりとのことですがかなりなぞが残ってるのにまとめられるのかが心配です。

ところでこれ近くの本屋でメディアミックスコーナーに置かれてたんですけど何かそういう企画でもあるんですかね?そこの本屋はソウルのアニメ化発表の数ヶ月前からフライングでソウルをメディアミックスコーナーにおいてたんで。まあただの置き間違いかもしれませんがdoubtってオリコン見るとすごい売れてるらしいんでスクエニがほっとくとは思えないんですよね。

とある魔術のインデックス

当麻VS一方通行決着!!

漫画版のいいところはすっきりしてることだと思います。原作は説明台詞が多いのでちょっと読みにくいんですよね。まあ省きすぎで多少説明不足になってるところもありますがこっちのほうが読みやすくて好きです。

あくまで一方通行を倒すのは低レベル能力者でなければならないということで美琴が手助けできないのが歯がゆいです。そのために妹達に助けを求めるシーンはいいなあと思います。その後の立ち上がった当麻の一撃による決着は爽快でした。やはり禁書の一番の魅力はこの熱い展開のあるんだなと思いました。(あと美琴)

次回で欠陥電気編は終わると思いますがそのあとどうするんだろう?

4巻の御使堕し編か、一方通行つながりで5巻の打ち止め編か

トライピース

今月のMVPです。

今月号はマジで泣けました。

トライピースはほんとにどんどん面白くなっていきます。これからもこのクオリティを維持できればガンガンの未来は安心だと思えるほどです。

トライピースに関しては後日単体で記事をここうかなと思います。いやほんとそのくらいすごかったです。

今月のMVPです(大事なことなので2回言いました)

閉ざされたネルガル

ギャグ漫画は感想書きづらいです・・・

前号でネルガルの脱獄使用とした現場を見た人は、敵かと思ってましたがただ単に一緒に脱獄したい人でした。その人に脱獄しようとしてることをばらされたくなければネルガル団に入れろという話です。だんだん話は進んでるのかな。脱退させられた仮面の人がどうするかは見ものです。

Run day Burst

シリンダが仲間になる話。テンポのよさはさすがにベテランだけあってなかなかのものです。ただもとの目的のレースを全然やってないのがちょっと微妙です。1話のあの勢いがなくなってしまった感じなんですよね・・・。新キャラが出るみたいなので次回以降の展開に期待します。

BAMBOO BRADE B

略してBBB。先月始まった新連載の必殺技と同じ名前です。

まずは主人公の女の子がかわいい。タマちゃんと同じくアニメや漫画好きというところもよし。キャラ作りはさすが土塚さんといったところでしょうか。問題は絵にばらつきがあるってことでしょうか。モブが何かおかしい感じがします。

でも今後に期待できる新連載だと思います。

最後の清村には笑わせていただきました。

清杉ろ

相変わらず面白いです。ただすごく感想書きづらい。いつもどおりのクオリティです。

MPゼロクロイツ

やっぱり絵が変わってから読みやすくなりました。ストーリーとかギャグのセンスはやはり土塚さんだなあとも思えます。MPをそんなにしっかり読んでなかったので多少展開が分からないところもありますが。

屍姫

表紙も単行本もはいてない!!

決戦前の小休止といったところ。やっぱり犬彦やお胸様が出てくると癒されます。オーリと春日さんとのからみもこれで最後になるんでしょうかね・・・それより春日さんの死亡フラグが怖い・・・

小休止のあとはいきなりオーリと北斗が鉢合わせ。北斗がオーリをさして「ねこ」といってましたがオーリの正体ですかね?

黒猫とかオーリの死を呼ぶ不吉の正体はまださっぱりなのでそろそろ明かされてくるのかなと思います。

からす天狗うじゅ

正直何がやりたいのか分からないです。ページも少ないし内容はうすいしで・・・

でも企画ものなので人気に関係なく長く続きそうな気がします・・・

日常戦線

個人的にすごく期待している新連載(まあ2話目ですが)です。

読みきりのときからそうだったんですがこの人の描くメカを使った戦闘シーンはすごくうまいです。メカって書き込みすぎると何がなんだか分からなくなるし、それを動かすとなるとさらに画面がごちゃごちゃになってしまって非常に見づらい場合とかありますが、この漫画はそこがしっかりできてるんですよね。元大久保さんのアシだけあってトーンの使い方は似ています。あと女の子がかわいいです。

今回の内容はまだプロローグ的な感じですね。ヒロインと同居、一緒に戦ってくといった。

案外ヒロインが打ち解けるのが早かった印象が強いです。もっとツンツンしてるかと思いました。まあ最後はけんかしてますが・・・

ヒロインのウィノナは父親の敵であり侵略者であるインベーダーを殺すための正義。

恵二は警察官だった父親と同じくただ単純に守るための正義

同じ正義の味方だった父親を持つもその掲げる正義の内容の違いによってのすれ違い。今後どうヒロインと和解するのかは気になります。しかもヒロインの仇まで出てきちゃったし。

あと気になったのは今月号で恵二はインベーダーを殺せませんでしたが今後どうするのかということです。敵を殺したくないという考えでウィノナの仇とどう決着をつけるのか。そこが来月どうなるかですね。

あと今月捕まえたインベーダーはマスコット的なものになるんでしょうか。いや、結構かわいいと思いますよww

ひょっとこスクール

あいかわらずゆいの男嫌いっぷりがすさまじいww残留し念で男から来た手紙と女から来た手紙を区別するとかどれだけのものなんでしょうかww

オチも良かったと思います。まさかあぶりだしが複線だったとはww

ブラッドタイプV

前のフレッシュガンガンの1位の人の読みきりですね。というか本当は1位の人は連載だったんじゃあ・・・まあソウルや屍姫みたいに読み切りをいくつか書いて連載につなげるのかもしれませんが。

内容はブラッドタイプDに比べればだいぶ良くなってると思います。正直Dのほうはつっこみどころが多くてあまり好きではなかったので・・・

絵もだいぶ安定してうまくなってると思います。これなら連載しても大丈夫だなと思えました。

月彩のノエル

正直介錯さんの作品の中では一番好きな作品です。適度に話を進めつつしっかりコメディをやってるのが安心して楽しめます。ワルキューレのときはちょっとカオスすぎてあわなかったんですがww

そして魔剣を砕くとか言って登場したのに相変わらず法子のエッチな衣装にしか興味がないラキアがいいキャラしているww百合はいいですよww

マンガさんとアシスタントさんと

普段はまともなキャラなのにダルックマがからむととたんにぼけ担当になって足須さんはなんだかんだで愛徒とはいいコンビだと思います。

はじめての甲子園

最近話がまじめです。幼馴染と甲子園の舞台で同じ土俵に立つのを夢見てそれまでは会わないって言うのは王道だなあ。

ただまだメンバー5人しかいないのに甲子園は先が長そうですww

鬼切り様の箱入り娘

3ヶ月あけてこのページ数はなあ・・・

ネタも微妙でした。毎月連載してくれれば楽しめる作品なんだろうけど・・・

生徒会のヲタのしみ。

ロリコン、エロ少女、BL好き、物×物に萌える会長。

どれだけカオスな面子になってるんだろうww

オタクの主人公がまともに見えるほどの濃い面子ですww

紅心王子

ジローと花の距離感がいい感じです。

天然でいちゃいちゃしている感じがすごく癒されます。

そしてまさかのアヤト参戦?

こういう読んで落ち着ける漫画がってのもいいものだと思います。

アフレコレポートもアフレコの様子がよく分かって楽しめました。ちょっと聞いてみたい・・・

ながされて藍蘭島

ゆきのがおっきくなりました。

たぶん事実を知って一番ショックを受けるのはかがみさんでしょうね・・・

自分は幼児体系のままなのに、娘はちゃんとないすばでいになっちゃいましたから。ww

ハレグウ

予想通り何のやくにもたたなかったハレの能力。

そしてアシオがチートすぎるww

キングダムハーツⅡ

今回は割りと原作どうりの展開?

カイリを狙ってたのって誰だったかなあ・・・ゲームしたのだいぶ前だから忘れてしまった・・・

フルムーン

まあ予想通りというか見事な打ち切りでした・・・

最近は面白かったんですが最初がほんとにつまらなかったからまあ仕方ないかな・・・

この作品最大の敗因は読み切りから主人公を交代したことですね。

メイとケイはしっかりキャラ立ってたのに、スリープは空気なうえに役立たずで魅力が何もなかったんですよね・・・

次号予告

ブラッディークロスは結構期待。

読みきりのときはSOBSのときより絵がうまくなってましたしストーリーも結構面白かったので。

|

« はじめに | トップページ | トライピースが化けた »

スクエニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1157355/27239461

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガン2月号感想:

« はじめに | トップページ | トライピースが化けた »